企業法務はコンプライアンスを高める

私達は快適な生活を送るために、誰もが法律に則って生活しています。法律という縛りがきつく思えることや邪魔に思えることもあるかもしれませんがそれは私達を守るものでも合って、安全を保障するものともなります。私達は、誰もが知らないうちに法律や様々な法令を守っていることによって、『コンプライアンス』を実践している、といえます。

通常は私達個人で用いられることはないのであくまで例えですが、企業においてはこの『コンプライアンス』の実施が必須、とも言えます。もし、各企業がコンプライアンスを実施しないなら、それこそニュースで取り上げられるような、不祥事を多発する企業が増えてしまうことでしょう。それに、それであれば社会が成り立ちません。コンプライアンスは、いわば見えないところでも実践されているべきであり、後で不正が発覚するような浅いものであってはならないのです。

企業におけるコンプライアンスを確実に確立させるためには、その体制を整える必要があります。そして、どのような事柄が守られれば良いのか、という基準も必要となります。それを達成するために、企業法務、そしてそれを取り巻く環境は重要な役割を担っていると言えます。

Pocket

Published by